カテゴリ:2014年3月ベトナム・カンボジア( 61 )
4月6日(日) 感動のアンコールワットと魅惑のベトナム2都市物語7日間
2旅行記を書き終わりました。
つい最近まで戦争をしていた両国が幸せをかみ締めながら発展している姿はエネルギッシュで、力強いものを感じます。悲惨な戦争を耐え抜いた民族は底知れぬ力を発揮し、やがては大国になっていくでしょう。
今回はその過程にある姿をたくさんの写真に納めてきました。
10年後、20年後再び訪れた時、今は荒野であるその土地には、たくさんのビルが立ち並んでいるかも知れません。
添乗員や現地ガイド、同行者にも恵まれ、今まで行った中でも心に残るいい旅行になりました。

同行者か、同じツアーでこれから行く人とか、よほど興味がある方でなれば全部見るのは大変だと思います。せめて観光地だけでもご覧ください。

3月19日(水) 03 タンロン城
3月19日(水) 04 ホーチミン廟
3月19日(水) 05 一柱寺
3月19日(水) 07 旧市街散策
3月20日(木) 16 ハロン湾1
3月20日(木) 17 ダウゴー島の鍾乳洞
3月20日(木) 18 ハロン湾2
3月20日(木) 19 船上で夕食
3月22日(土) 30 ベンメリア遺跡
3月22日(土) 36 アンコールワット
3月22日(土) 37第1回廊西面2
3月22日(土) 38 第1回廊西面2
3月22日(土) 39 アンコールワット内部
3月23日(日) 41 アンコールワット朝日
3月23日(日) 42バンテアイー・スレイ
3月23日(日) 44 タ・プロム寺院着
3月23日(日) 46 バイヨン寺院
3月24日(月) 52 メコン川タイソン島
3月24日(月) 53 ジャングルクルーズ
3月24日(月) 56 サイゴン大教会・中央郵便局
3月24日(月) 57 統一会堂・ベンタイン市場
3月24日(月) 58 ドンコイ通り


e0015295_22371910.jpg
[PR]
by elfin05-2 | 2014-04-06 02:21 | 2014年3月ベトナム・カンボジア
3月19日(水) 01 成田~ハノイへ
スライドショーでご覧ください

003004008
集合時間8時。
成田国際空港第1旅客ターミナル4F
北ウイングGカウンター18~20番
阪急交通社 受付カウンター
014020031
成田空港発 VN-311(ベトナム航空311便)
出発時刻 10時
所要時間6時間30分
034038043
14:30 ハノイ ノイバイ国際空港着
飛行機を降りたところで集合し、税関に向かう。
総勢21人のツアーだ。
現地ガイド ビン(平)さん が出迎えた。
まだ見ぬ異国に少し緊張と不安。
[PR]
by elfin05-2 | 2014-03-23 20:48 | 2014年3月ベトナム・カンボジア
3月19日(水) 02市街地へ移動
スライドショーでご覧ください

003006008
平さんの後について空港を出ます。
天気は曇り、日本の梅雨のような蒸し暑さ。
大型バスが私たちをまっていました。
039046048
空港3時出発。
紅河デルタの領域は紅河(ソンコイ川)を中心として広がっており、デルタ地域には約150haの水田があり、田畑や宅地等を囲むように堤防が築かれている。堤防は水田から7~8Mの高さで築かれているが、雨季にはその堤防の高さ一杯にまで水が流れる為、堤防が決壊すると洪水による甚大な被害が発生する。
050052056
平さんの好意で水が配られた。
暑いので給水は必須です。
061062063
バイクが多く人々の足になっています。ハノイ人口700万人に対してバイクは400万台が保有されているそうです。
耳太郎の設定、使用方法が説明されました。
103113114
やがて賑やかな街になり、ハノイ市バーディン区に入りました。
ここの建物はフランス統治時代の影響が色濃く残る街です。
122124127
雨が降り出し、傘をさしての観光になりました。
ハノイはここ数日雨が続いていたそうです。
[PR]
by elfin05-2 | 2014-03-23 20:41 | 2014年3月ベトナム・カンボジア
3月19日(水) 03 タンロン城
スライドショーでご覧ください

001003007
3時40分タンロン遺跡 (遺跡皇城昇龍)に到着。
タンロン遺跡は、2003年からベトナムの首都、ハノイで発掘された遺跡群。タンロン(昇龍)はハノイの旧称。1010年から1804年までほぼ一貫してベトナム諸王朝がここに都を置いたため、各時代の遺跡が重なっているのが特徴である。
009012018
戦争と人による破壊のせいでタンロン-ハノイのタンロン城王の地面においての遺跡はあまり残っていなが、地下において、多くの遺跡と遺物が残っている。
023028031
ドアンモンの門はタンロン城の南側の門である。
卒業記念写真の撮影が行われていた。
たくさんの学生で人文字を作っていた。
054067073
タンロン城王宮跡は3つの特徴を有する。
第1 はタンロン城王宮跡は連続した13世紀の長期に及び(17世紀から現在まで)、権利と文化のセンターの遺跡を保存する。800年間(リー時代の11世紀からレー時代の18世紀まで)連続的にタンロン城王宮跡は東南アジアにおいてのベトナムの政治・行政のセンターであった。
074076077
第2 は、タンロン城王宮跡は歴史の価値が集中する場所である。カム城は朝廷が管理する場所、王朝が政 治、文化、宗教などの儀礼を行った場所である。考古学者は大規模な様々な宮殿を発見した。その遺跡は一つの民族の文化の時代の真髄と言える。
085088096
第3 は、リー・タイ・ト王はタンロン城王宮跡が「空と大地の真ん中にあり」、「南北東西の真ん中の位置しており」、「川と山の近くにある土地」であると述べた。 タンロンは紅河デルタの真ん中であり、ベトナム人の灌漑稲作文明の発祥地であり、ホン川を通る国内外の交通のシステムの筋道であった。そのため、タンロンは多くの外国と交流した。西アジア、中国、日本、朝鮮などから来た多くの遺物が発見されている。

2010年8月1日、ブラジルにおいて行われた第34回の世界遺産委員会の会議で世界文化遺産となった。
[PR]
by elfin05-2 | 2014-03-23 20:38 | 2014年3月ベトナム・カンボジア
3月19日(水) 04 ホーチミン廟
スライドショーでご覧ください

002005006
ホーチミン廟は1973年9月2日、バーディン広場の古い儀式台で正式に起工、1975年8月29日に落成した。廟は高さ21.6mで3つの部分からなっている。
008009011
地上部は回廊、真中はホーチミン氏の遺体安置室と廊下や階段といった廟の中心部分をつなぎ、四方には大理石で出来た四角い柱が立っている。最上部は屋根部分。
019020021
ソ連のヨシフ・スターリンや中華人民共和国の毛沢東など、革命によって権力を握った共産党指導者が独裁的になって反対派を粛清する例が多いのに対し、ホーチミンは、腐敗や汚職に無縁で、禁欲的で無私な指導者であり、自らが個人崇拝の対象になることを嫌っていた
[PR]
by elfin05-2 | 2014-03-23 20:28 | 2014年3月ベトナム・カンボジア
3月19日(水) 05 一柱寺
スライドショーでご覧ください

001006008
ホーチミン廟の裏側に位置する一柱寺。
歩いて向かいます。
小雨だけど雨は降る続けています。
011012013
長く福が続くという意味のジエンフウ寺とも呼ばれるこの寺は、水中から伸びるハスの花のような作りだ。リー・タイ・トン王により1049年に建立された。当時王は年老いていたがまだ息子がいなかったため、王家が寺にお願いに行っていた。
014016018
そしてある晩王が、竜が登るといわれる西方の四角い湖のハスの上におられる観音様を夢で見てから待望の男の子供が授かったという伝説がある。王家はこの寺を夢で見たように造り、観音様を祀った。
国の寺ともされ、毎月旧暦の1日と15日には王が来て福を願う祭りをする。
021023024
トイレは有料。
いくらかわからないが、平さんが全員分支払ってくれた。
[PR]
by elfin05-2 | 2014-03-23 20:26 | 2014年3月ベトナム・カンボジア
3月19日(水) 06 旧市街へ
スライドショーでご覧ください

001004005
ホアンキエム湖の北に位置し、古くから手工業者の居住区が集中し、同時に彼らの商いの土地として栄えた場所です。
011013015
ハノイ旧市街は世界遺産でもあるタンロン城郭の東側に位置し、まさに城下町として歴史を刻んできました。タンロン城郭は、周囲4キロを超える長さを持つ巨大な建造物だったようです。
036040045
現在、遺跡としては赤く色をつけたエリアにタンロン遺跡が残るのみですが、その城郭の内部には、首相府や外務省がバーディン広場を中心に位置し、その西には建国の父ホー・チ・ミンが眠るホーチミン廟、 南には赤星旗がはためくフラッグタワーが立つなど、政治関係の建物やロケーションが集中しています。
047052056
バイクや車が縦横無尽に走り、雨が降っていても活気にあふれています。
これから旧市街散策です。
走ったり、止まったりせずに一定の速度で歩くように注意がありました。
[PR]
by elfin05-2 | 2014-03-23 20:25 | 2014年3月ベトナム・カンボジア
3月19日(水) 07 旧市街散策
スライドショーでご覧ください

001002003
日本語でよく言うハノイ旧市街36通りという呼び名は、1995年3月30日 国土交通省 建築計画 第70番決議、
東は、チャンクアンカーイ(Trần Quang Khải)通り、およびチャンニャットズアット(Trần Nhật Duật)通り、
西は、フンフン(Phùng Hưng)通り、
007009011
南は、ハンボン(Hàng Bông)通り、ハンガイ(Hàng Gai)通り、カウゴー(Cầu Gỗ)通り、ハントゥン(Hàng Thùng)通り、
北は、ハンダウ(Hàng Đậu)通りの、それぞれの通りに囲まれた地区を 36 Phố Phường と呼びならわし、歴史的建造物保存地区として指定しました。
012016020
36 Phố Phường の Phường とは漢字で「坊」、古来からの同業組合の行政単位を表しており、それぞれの組合は1本の通りを軸に両側へ広がっていったため、結果的に通りごとに特色あるカテゴリーの商品を扱うようになりました。
それでハノイ36の同業組合通りとでも言うものなのです。
024029036
バイクや車が走り、道路は信号もなく日本人から見るととても危険な状態。
しかし、それぞれの流れは滞りなく続き、クラクションや罵声はあまりありません。
ゆっくりと前の人に続き一列になり、離れないように歩きます。
039064070
ハノイはバイクは多く交通ルールを守らないので交通事情が悪い毎年1万2,000人の交通事故死があるといいます。
076085087
交差点を渡るとき後方が離れてしまいましたが、平さんが添乗員佐藤さんにゆっくりと渡り始めないと渡れませんよと激を飛ばします。
しばらくして全員が渡りきり、迫力のある旧市街の観光が終わりました。
バイクが近づいてきてとても危険を感じましたが楽しいイベントでした。
[PR]
by elfin05-2 | 2014-03-23 20:22 | 2014年3月ベトナム・カンボジア
3月19日(水) 08 ホアンキエム湖
スライドショーでご覧ください

001002005
神から授かった剣を、神の使いである亀に奉還した場所であることから、ホアン・キエム(ホアン=還、キエム=剣)湖と名付けられた小さな湖。
この小さな湖、元は市内東部を流れる紅河と繋がっており、水軍による演習も行われた、細長い入り江でした。
008010011
17世紀ごろ、政治の実権を握ったチン氏によって彼自身の政務と遊びの場が造られ始め、その後のフランス統治時代の大規模な埋め立てを経て、20世紀始めに現在の形になったと言われています。
017019004
まず最初に目につくのが、「福」「禄」の2文字と、詩文が書かれた門。学ぶことの楽しさや喜び、人材育成の重要性が書かれています。
012021024
こうやって歩いている間、ずっと左手に見えているのが、湖の中にぽつんと建っている塔。
「亀の塔」と呼ばれています。
025030032
元々17世紀初めに当時の実力者・チン氏がここに東屋を建てたのが始まりで、その後、19世紀に湖の近くに住む華僑が遺跡の修復と称して祖先の納骨堂を建てようとしましたが、住民の反対にあい、結局この塔だけが造られたそう。
033039041
現在の周囲は約1.8㎞。この距離が運動するにはちょうどいい、とのことで、ベトナム人だけでなく欧米人もジョギングを楽しいでいる姿が見られます。
[PR]
by elfin05-2 | 2014-03-23 20:20 | 2014年3月ベトナム・カンボジア
3月19日(水) 09 移動(モザイク壁画)
スライドショーでご覧ください

004009010
ハノイはバイクは多く交通ルールを守らないので交通事情が悪い毎年1万2,000人の交通事故死があるといいます。
020022026
ハノイ建都1000年記念事業の一環としてハノイ市内の堤防に施したモザイク画。
2007年から作られ始め、2010年に世界最長のモザイク壁画に認定。
033041052
陶器で有名なハノイ近郊のバッチャン(Bat Trang)村で焼かれたタイルが使用されている。
[PR]
by elfin05-2 | 2014-03-23 20:15 | 2014年3月ベトナム・カンボジア