カテゴリ:2011ホノルルマラソン( 14 )
1月27日(金) ホノルルマラソン完走賞が届く
やっとホノルルマラソンの完走証が届きました。
マラソンの翌日帰国した私たちは旅行会社経由で1月末に届けられます。

2011honolulu完走証

[PR]
by elfin05-2 | 2012-01-27 23:11 | 2011ホノルルマラソン
1月24日(火) 2011ホノルルマラソン ブログ 完成
早いもので、1月ももう終わろうとしています。
寒い日が続きますがいかがお過ごしですか?

さて昨年12月に行われたホノルルマラソンのブログがやっと出来上がりましたのでご報告します。
ページではかなり後方になってしまいますが、興味のあるお方はご覧下さい。http://elfin051.exblog.jp/i25/

最近は歳をとったせいで根気がなくなり、仕上げる前に行事が先行し、ブログが追いつかず、ついつい遠ざかってしまってます。

しかし、いままで続いているホノルルマラソンだけは終わらせたくないので、2011ホノルルマラソンを遅らばせながら作り上げました。

こんなこともあったんだ、こんなこと書いたんだと自分を思い出すためにも、遠ざかる気持ちを思い起こし、やっと出来上がりました。

マラソンを完走するのも、ブログを創り上げるのも時間がかかる大変な作業になってしまいました。

e0015295_20115559.gif

[PR]
by elfin05-2 | 2012-01-24 00:40 | 2011ホノルルマラソン
12月11日(日) 2011ホノルルマラソン 1(スタートまで)
DSCF7856DSCF7859DSCF7869
2時30分シェラトンプリンセスカイウラニのロビーに集合。
アラモアナショッピングセンターに向います。
スタートエリヤではスタッフの渋谷さんが迎えてくれました。
DSCF7872DSCF7875DSCF7878
夜空には月が浮かんでいましたが、急に雨が降り出し、軒下に避難。
「この雨大丈夫かな?」白戸さんも心配顔。
DSCF7881DSCF7884DSCF7890
スタート地点にはまだランナーは集まってきていません。
屋根のある1階の駐車場に退避。雨を避けます。
朝早く、午前2:30分からの集合でまだ眠いです。
DSCF7894DSCF7896DSCF7897
他社(JTB)ツアーが隣のブースで気声を上げます。
人数も多く若者が中心で、かなり盛り上がっています。
DSCF7900DSCF7902DSCF7904
3時30分雨が止み、再び月も出たので、2階に移動。
白戸さん、ショウコさんの司会でウオームアップが始まります。
DSCF7909DSCF7912DSCF7918
約1000人が集まり、ラジオ体操が始まりました。
トイレにならんでいる列でも体操が行われます。
DSCF7926DSCF7940DSCF7952
4時30分スタート地点に移動します。
5時間のペースランナーは 高梨 優(まさる)、かぶりものトナカイと私の3人です。
私たちの後ろにはたくさんのランナーが付いて来ました。
スタートまでの時間、簡単にペース配分の予定を説明しました。

10kmを1時間10分~20分。
ダイヤモンドヘッドを登るまではゆっくりとしたペースで走り、下りで少しペースを上げ、ハーフまでにスタートロスを取り戻し、2時間30分で到着予定。
その後は7分/kmのイーブンペースでゴールを目指します。

さて、3人のペースランナーがいますが、トナカイのかぶりものは例年時間通りにはゴールはできません。
高梨優氏は先行逃げ切り型、速いペースがお好みなら彼に付いて行ってください。
私は昨年は6時間かけてやっとゴールしました。
どれもあまり当てになりませんが、誰かについてきてください。
私は5km地点でトイレに寄ります。

DSCF7960DSCF7964DSCF7980
5時になりました。
スタートの合図と同時に花火が打ち上げられ、花火を見ながらスタート地点に向います。
センターのコースに並んだので樹木に視界は遮られず、花火はよく見れたのですが、なかなか前に進めず、約8分遅れてスタートラインを通過しました。
[PR]
by elfin05-2 | 2011-12-11 21:16 | 2011ホノルルマラソン
12月11日(日) 2011ホノルルマラソン 2(5kmまで)
DSCF7982DSCF7983DSCF7985
スタートすると広く暗い道が待っていました。
高梨優氏は私より速いペースで暗闇に紛れ、姿を消しました。
トナカイはスタートと同時に見失いました。
今年は風船が用意されていなかったので目印が全く有りません。
DSCF7988DSCF7989DSCF7990
友人1人と若い夫婦が一組私について走り始めました。
カメラのシャッターを切るのですが、ぶれてなかなか写真になりません。
DSCF7991DSCF7993DSCF7994
アロハタワーで右折しヌアヌ通りに入ります。
すこし道が狭くなりランナー同士近寄ります。
また右折してキング通りに入ります。
だいたい2マイル3.218688 キロメートル地点です。
毎年サンタさんがここに立って応援しています。
DSCF7996DSCF8004DSCF8007
ダウンタウンに入り、暗かった道もクリスマスイルミネーションが明るく見えてきます。
写真を撮りながら走るのですが暗くてよく写りません。
天気が悪かったので防水用のカメラを持って走っています。

以前雨の日に通常のカメラを使用して水没したことがあるので
写りが悪いのを承知で、天気が悪いとどうしてもこれを選んでしまいます。

カピオラニ通りに入り、1回目の給水所がありました。
この給水所はとても大切で、熱中症にならないためにも、体が熱くなる前に水分補給をしなければなりません。
体が暖まってくると筋肉に血液が回るため、給水しても吸収しにくくなるからだそうです。
早朝から日中まで走るこのホノルルマラソンでは、後半熱中症にならないためにも特に大切な給水です。
DSCF8009DSCF8013DSCF8014
5Km地点を少し通過し右折してビイコイ通りに入ります。
アラモアナショッピングセンターが左手に見えて突き当たりを左折します。アラモアナ通りです。
ここに設置されているトイレはスタート地点の最後方に位置するため、使う人が余りいないので空いています。
私は必ずここで用を足していきます。
ここまで一緒に走って来た数人もトイレに寄りました。
[PR]
by elfin05-2 | 2011-12-11 21:15 | 2011ホノルルマラソン
12月11日(日) 2011ホノルルマラソン 3(10kmまで)
DSCF8018DSCF8019DSCF8021
トイレを済ませ、体が軽くなった所で、私について走る人もいなくなりました。
これからワイキキ通りに向います。
例年ここにはたくさんの応援が待っています。
DSCF8022DSCF8023DSCF8026
5マイル地点に給水所がありました。
ここでも給水をしました。
先方の給水所のほうが空いているし、濡れないで済みます。
たくさんのコップが散らばっています。
滑らないように注意します。
DSCF8027DSCF8028DSCF8029
昨年はこの辺りから汗をかきはじめていましたが、今年はまだゆとりがあります。
ワイキキ通りは例年より人が少ないように感じました。
DSCF8030DSCF8031DSCF8034
ワイキキ通りを通り過ぎ、カピオラニ公園を左折するとまた暗闇になります。
前方に明かりが見え、10km地点を迎えます。
[PR]
by elfin05-2 | 2011-12-11 21:14 | 2011ホノルルマラソン
12月11日(日) ホノルルマラソン3 (15kmまで)
10kmをしばらく走るとトイレがありました。
もう3列ぐらい並んでいました。
ここで並ぶと10分ぐらいかかります。
走行距離にして約1.3kmぐらいロスします。
なので同行者には5km地点のスタート直後のトイレを使うように勧めています。

何気なく見ていると高梨優氏が2列目に並んでいました。
彼はスタートと同時に先行し、私より速いペースで走って行きましたが、ここでロスをしています。

彼はいつも先行して、後半ペースがかなり落ちます。
以前は4時間30分のペーサーをしていたので実力はありますが、昨年、一昨年と怪我をして最近は不調です。
大阪マラソンでも、32km地点ぐらいで私に追い越され、悔しい思いをしています。

今回の体調はどうかわかりませんが、金曜日に到着して、昨日イルカを一緒に見に行っているので、時差に体調がついていけてるか心配です。

DSCF8032DSCF8033DSCF8035
カピオラニ公園を走り、ダイヤモンドヘッドを登ります。
まだ足元は暗く、道も狭まり、混雑して走ります。
対向車線は車椅子のランナーが帰ってきました。
先導するパトカーや自転車が賑やかに走り去ります。
DSCF8036DSCF8037DSCF8038
中腹の灯台辺りで少しずつ空が明るくなってきました。
ダイヤモンドへッドを登りきり、少し下り、左折して給水所があります。
ここでも少し口に水を含み給水します。
今のところ順調に走っています。
DSCF8040DSCF8041DSCF8042
右折して、下ります。
ランナーの帯が長く続きます。
そして15km地点を迎えます。
1時間50分55秒。
スタートロスでまだ約5分遅れています。
[PR]
by elfin05-2 | 2011-12-11 21:14 | 2011ホノルルマラソン
12月11日(日) ホノルルマラソン4 (Halfまで)
DSCF8044DSCF8046DSCF8047
ダイヤモンドヘッドを越えると辺りはだいぶ明るくなりました。
これからハーフまでの間に遅れを取り戻し、ハーフで2時間30分を目標にします。
ここから少しずつ坂を下ります。
DSCF8049DSCF8050DSCF8051
この坂を利用して、時間を短縮する予定です。
10マイル(16km)1時間56分38秒
昨日降った雨で道は濡れて滑りやすいので気をつけて走ります。
DSCF8053DSCF8054DSCF8055
音楽が聞こえます。
毎年この地点で生バンドが演奏して応援してくれます。
カハラモールが近づき、トイレに並ぶランナー。
此処から先はハイウエーになり、トイレがないのでここで済ますランナーは多いのですが、時間のロスが大きいです。
DSCF8056DSCF8057DSCF8058
給水所があります。
ここでも給水に気をつけます。
散乱しているコップに気をつけながら走ります。
DSCF8060DSCF8062DSCF8063
ハイウエーの下をくぐり、カラニアナオレハイウエーに登ります。
太陽が出て少しずつ空がオレンジ色になってきました。
対向車線にまだランナーは少ないですけど、うまくいくと先頭ランナーを見つけることができます。
DSCF8065DSCF8066DSCF8067
前方から車が走って来ました。
先頭ランナーでしょうか?
暗くてよくわかりませんでした。
DSCF8069DSCF8071DSCF8072
ハイウエーは単調なコースです。
ゴールに向かうランナーを応援しながら走ります。
今のところ気温も高くなく順調に走っています。
DSCF8073DSCF8075DSCF8076
太陽が眩しく寝不足の目を襲います。
向かい風が少し吹き、湿った地面に足を取られ少し走りにくいです。
DSCF8077DSCF8079DSCF8080
下駄を履いたランナーがいます。
どこかの伝統でしょうか?
毎年参加しています。
また一人ランナーが走って行きました。
日本人のようでした。
給水所で給水します。
復路にトイレがあります。
このトイレを使うのは懸命です。
復路を行くランナーはまだこのトイレを使わないので空いています。
DSCF8081DSCF8082DSCF8083
先方に山が見えます。
まだまだ先ですがあの山を目標に走ります。
下駄のランナーが同じペースで走っています。
彼の目標タイムも確か5時間だったように記憶しています。
DSCF8084DSCF8085DSCF8086
しばらくするとコースの両サイドにチアガールがいて賑やかに応援しています。
高橋尚子選手がいました。
スピードを緩め写真をとりました。
するとスタッフが寄ってきて「立ち止まらないでください。」

昨年もそうでしたが、TV取材のために大勢スタッフを並べて、「立ち止まんな」も横柄なことだと感じました。

だったらこんなに派手な演出をするな、
「このマラソンは一部の人のためにあるのではないんだぞ。」と心で思い走りました。

そうこうしているとハーフ地点に到着。
2時間29分35秒。
予定通りの時間でここまで来ました。
[PR]
by elfin05-2 | 2011-12-11 21:13 | 2011ホノルルマラソン
12月11日(日 ホノルルマラソン5 (25knまで)
DSCF8087DSCF8088DSCF8089
ハーフを過ぎ、予定の時間で通過したことに満足しながら走ります。
朝陽も少しずつ昇ってきました。
復路を行くランナーはまだ少ないですが、
DSCF8090DSCF8091DSCF8093
これから少しずつ増えてきます。
いまこの辺りで出会う復路のランナーは2時間後半~3時間前半にかけてランナーだと思います。
DSCF8095DSCF8096DSCF8097
復路を行くランナーを応援しながら、私たちはこれから折り返し地点に向います。
しばらく走ると復路をTV車がライトを照らし走って来ました。
結構速いランナーを取材していいるようですが、誰だかわかりませんでした。
DSCF8098DSCF8099DSCF8100
前方に見えるマンションがハイウエーが終わる目印です。
長かった短調なハイウエーの終わりが近づいて来ました。
DSCF8101DSCF8102DSCF8103
今まで順調に走っていた私ですが、急に気分が悪くなってきました。
昨年もそうでしたが熱中症の初期症状に似ています。
慌ててポシェットから塩飴を出しなめました。
熱中症が進行してからでは回復は難しいです。
早めに対処します。
DSCF8104DSCF8105DSCF8106
しかしハワイカイの周回コースも決して楽ではありません。
精神的にめげるところです。
覚悟して走らなければなりません。
ハイウエーが終わり、左に折れてハワイカイの周回に入ります。
DSCF8107DSCF8108DSCF8109
入り口にトイレがあったので寄りました。
ごめんなさい。
気持ちが折れないように裏で済ませてしまいました。
給水所があります。
ここの給水所は比較的短いので、後方で給水しようと思っていると取り損ないます。
昨年私はここで失敗しました。

思い起こせば昨年は、この辺ではかなり辛く走っていたように思います。
汗をぐっしょりかき、足はしびれていたのを思い出します。
ここでの給水の失敗は致命傷になる恐れがあります。
DSCF8110DSCF8111DSCF8112
気温はすこしずつ上がって、昨日降った雨が蒸発して湿度が上がってきます。
発汗しても体表の汗は乾かず、体温が下げられなくなり、熱中症に陥る可能性があるのです。
ここでの給水は必須です。
DSCF8113DSCF8114DSCF8115
スプレーを吹きつけてくれるボランティアがいました。
この地点ででのスプレーは非常に助かります。
前方にマンション群、あそこはハワイカイの半分ぐらいのところに位置します。目標があると覚悟ができます。
25km地点2時間56分48秒
予定より約1分ぐらい早く到着しました。
いいペースです。
[PR]
by elfin05-2 | 2011-12-11 21:12 | 2011ホノルルマラソン
12月11日(日) ホノルルマラソン6 (30kmまで)
ホノルルマラソンに来る楽しみの一つに、ロミロミマッサージがあります。
昔は離島に観光に行ったり、買い物に行ったり、テニスをしたり、活発に行動していましたが、近年はホノルルに来ても観光もしないで、買い物もしないで、ブラブラと街を歩くか、夕日を見るか、又は雨の多い年には持参したビデオを部屋に篭って見ている事が多いです。16回もホノルルマラソンに来ているとやることが無くなってきます。

そうした中最近ハマっているのはロミロミマッサージです。
知人から紹介されて生きはじめたのですが、すっかりハマっています。
90分50ドルで掲載雑誌の切り抜きを持っていくとチップも含んで受けられます。

だいたい日本語が通じる日本人にお願いします。“もうちょっと強く”とか“もうちょっと弱く”の“ちょっと”の加減が私の“a little”や“more”では外人にはうまく伝わらないようです。

そんな折、私をマッサージしてくれた人がハワイカイに住んでいて、マラソン当日は車が規制されて外に出られないので、だいたい25km地点でランナーを応援してるのだけど、「何がランナーに喜ばれますか?」と尋ねられたので。私は「オレンジ」が嬉しいです。と答えました。それも「一口大に切ってくれてると口に運びやすいし、食べやすいです。」と言いました。
水やゲーターレードで口の中がまずくなっている時のオレンジはとても嬉しいのです。
「25km地点だとだいたい8時ごろに到着予定ですよ。」と伝えました。

DSCF8116DSCF8117DSCF8118
いました。
25kmをちょっと過ぎた所にいました。
オレンジを差し出してくれて「待ったいましたよ。頑張ってください。」と応援してくらました。
私はとても嬉しかったです。
近くにいた全く知らないランナーも「すみません。私にもください。」と手を出してきました。
「どうぞ。たくさんありますよ。」と快く提供してくれました。
こうやって好意で応援してくれる一般市民がホノルルには多いいのです。
本当に嬉しいことです。
私はお礼もそこそこにその場を立ち去り、先を急ぎました。
DSCF8119DSCF8120DSCF8121
マンションが近づいてきました。
ハワイカイも半分が経過しました。
この約3kmの周回は精神的にとても疲れるところです。
歩き出す人も増えています。
DSCF8124DSCF8125DSCF8126
マンションを過ぎて、右折してケアホレ通りに入ります。
チェックポイントがあり、通過します。
しばらくすると川があり、ハワイカイがきれいに見えるところです。
DSCF8127DSCF8128DSCF8129
この川を渡る橋が登り坂になっていて、今まで走ってきた足に意外と辛く感じるところです。
多くのランナーはここで足を休め、ストレッチをします。
これから復路に向かいますが、体力よりも気力がものをいう区間です。
DSCF8130DSCF8131DSCF8132
JALの応援ブースがありました。
カメラのレンズを吹きたかったのでティッシュを求めたのですが、誰も持っていなくて諦めて先を急ぎました。
全身汗だくで乾いた所がなく、レンズを拭いても拭いても綺麗になりません。
DSCF8133DSCF8134DSCF8138
正面にマウナルアベイビーチパークが見えてきました。
海に向かって給水所があります。
ホノルルマラソンでTVタレントがよく給水をするところです。
やっとハワイカイを抜けました。
DSCF8139DSCF8140DSCF8141
高いビルが見えてきてカラニアナオレ・ハイウエイに入ります。
これからハワイカイに行くランナーを見送りながら帰路につきます。
DSCF8143DSCF8144DSCF8145
5時間ペースだと、この辺りではこれからハワイカイに向かうランナーはたくさんいます。
知り合いを探しながら走ると気が紛れます。
DSCF8146DSCF8147DSCF8148
往路にタイガーマスクが走っています。だいぶ遅れているようです。
後方から掛け声をかけながら走るグループが来ました。
ハイウエーに乗るころ一緒だった下駄を履いたランナーです。数人で名前を呼んだり、気合をいれたり、掛け声をかけながら威勢よく走って来ました。
私は少しバテ気味で彼らに着いて行くことができません。DSCF8149DSCF8150DSCF8151
30km地点。3時間31分17秒。予定より2分01秒速いペースです。
なんとかペースは守れているようです。

[PR]
by elfin05-2 | 2011-12-11 21:11 | 2011ホノルルマラソン
12月11日(日) ホノルルマラソン7 (35kmまで)
風はやや追い風、今は曇りでそれほど暑くないですが、湿度が高いようで、汗が流れパンツまでぐっしょりです。
熱中症に気をつけなければいけません。
ハーフを過ぎた頃から、胸苦しくやや不快感を覚えています。
これで足に痙攣が来たら熱中症か、脱水症状になっている可能性があります。
昨年はこの辺りではかなり辛い思いをして走っていました。
DSCF8152DSCF8153DSCF8154
30kmを過ぎると給水所が有りました。
今回は意外とお腹が空きます。
走っていて疲れるとなかなかお腹はすかないので、疲れる前に給食を心がけるのですが、今回は持ってきた給食3個を全部食べました。
DSCF8155DSCF8156DSCF8157
足も突っ張って来ているので芍薬甘草を服用しました。
これは痙攣や足が攣ったときに飲む漢方ですが、大阪マラソンでも、湘南マラソンでも、私はもとより、友人のランナーにも試してもらって、効果があることが実証されているので、私は常備して走っています。
今回も早めに服用します。
DSCF8158DSCF8159DSCF8160
この辺りは歩くランナーがたくさんいます。
昨年、私も熱中症になり、この公園でゼッケンを外し、タイムがプリントされたシャツを裏返しに着て歩き始めました。
ペース配分ができなくて歩き始めるランナーも多いです。
外人が私の方を叩き、「5時間ペースか?」と聞いて来ました。
私は「Yes.」と答えました。DSCF8161DSCF8162DSCF8163
今の私にとっても30kmから35kmはとても辛いところです。
往路はハワイカイに向かって少しずつ下っているので、それほど疲れを感じないで走れますが、復路の30kmから35kmは少しずつ登っているのです。
走っているとそれほどの坂とは見えないのですが、これが、疲れた足に想像以上に堪えるのです。
DSCF8164DSCF8165DSCF8166
さっきの給水から右脇腹が少し傷んでいます。
横隔膜の痙攣が原因だと思いますが、正念場だというのに闘争心が削がれます。
少しペースを落とし痛みを和らげます。
DSCF8167DSCF8168DSCF8169
往路で高橋尚子選手が応援していたところだ。
コース内にこんなに入り込んで応援しているのを初めて見ました。
自分のチームだけ応援する迷惑な応援だ。
何処の旅行社だろう?
DSCF8170DSCF8171DSCF8172
後ろから下駄を履いた一段が気合を入れながら私を追い越して行きます。
給水所で休んでいたようで、私が先になったみたいです。
ここの給水所でも私が先に出発しました。
DSCF8173DSCF8174DSCF8175
足を止めると気持ちが折れます。
給水が終わり、出発しても走りだす気力がなくなっています。
「頑張れ!」「走れ!」
自分を鼓舞し、一歩ずつ走り出します。
今の私を支えているのは根性だけです。DSCF8176DSCF8177DSCF8178
背後から「付いていけば5時間でゴールできますか?」
やや太めの若者が声をかけてきました。
「多分できると思うけど、私もかなり疲れて、脇腹が痛いので、分かりません。」と答えます。

しばらく併走したいましたが、彼の方が力強く走っているので、
「今のペースが維持出来れば5時間切れますよ。いいペースだから先に行ってください。」と声を掛けました。
彼は「そうですか。」と言って、先に行きました。

しばらく脇腹を押さえ走りました。

後ろから「わ~~。」「ワ~~。」「わ~~。」と大声で喚きながら突進してくるランナーがいました。
何事か?と追い越していくランナーを見ると、あの高梨優氏でした。

「頑張れ!高梨。」私はとっさに声援を送りました。

彼は私を追い越し、一目散に走り去って行きました。
すげーやつだ。
トイレに入ってだいぶ遅れていたはずなのに私を追い越していった。

「???でも。」
「あれ?彼も5時間ペースランナーだったはず。」
いいペースで走っていると思っていた私をあんな勢いで追い越していくなんて、脇腹の痛みで私はペースを落としすぎたか?
35km地点で遅れていたら今回も私はペースランナーを降りよう。
こんな状態ではダイヤモンドヘッドの上り坂を登り切れない。
5時間ゴールは無理になる。
早めに判断しなければ、私に付いてくるランナーが5時間でゴールできなくなってしまう。
DSCF8179DSCF8180DSCF8181
ハイウエー下り口に最後の上り坂が待っている。
この上り坂は曲者で激しく体力を消耗する。
時間はどうだ?
どのくらい遅れたか?

35km地点。4時間06分02秒。予定より2分49秒早く到着。
よかった。
疲れて、苦しかったけど、ここまでペースは維持できていた。
約3分のゆとりがあればダイヤモンドヘッドも予定の時間で登りきれるかもしれない。
可能性はまだ残っている。
残り7.195km。
がんばろう!

[PR]
by elfin05-2 | 2011-12-11 21:10 | 2011ホノルルマラソン