カテゴリ:2010ホノルルマラソン( 23 )
12月8日(水)1 成田空港にて
成田エキスプレスに乗って成田第2ターミナルに向かった。

途中同行する 高梨 優(まさる)(仮名)から携帯が入った。

「今どこ?」
「今、成田を通過したところ。」
一緒の飛行機をお願いしていたのだが、今回はばらばらになり私は1機後の飛行機で彼を追いかけることになった。

「成田に着いたら連絡して。ファーストクラスのラウンジが使えるチケットがあるから。」と言って携帯は切られた。

成田に着き手続きを済ませ、税関を抜けると彼はそこで待っていた。
搭乗時間が近づいてあせっている彼は「これチケット」と言って私をファーストクラスのラウンジに案内し、そそくさと搭乗口に向かって走っていった。

残された私は戸惑いながら不慣れなファーストクラスのラウンジでシャワーを浴び、夕食をいただき、マッサージチェアに腰掛け、のんびりと時間をすごした。

普段は自己中の彼からは想像も付かないプレゼントだった。
私はくすぐったい気持ちで彼の好意を受け取った。

ラウンジは空いていて利用客はほとんどなくゆっくりと時間が流れた。
そして時間になり私も搭乗口に向かい飛行機に乗った。

IMG_3397IMG_3401IMG_3402

IMG_3404IMG_3405IMG_3408

IMG_3409IMG_3413IMG_3415

[PR]
by elfin05-2 | 2010-12-10 12:21 | 2010ホノルルマラソン
12月8日(水)2 コンベンションセンター
前の方の席だったので乗客状況はわからなかったが、エコノミークラスは満席という案内だった。
通路側の席に座り、ビデオを見ながら時間をすごした。

ホノルル空港には定時に到着した。
IMG_3417IMG_3418IMG_3420
日本の冬着をハワイの気候にあう衣服に着替え、JALパックに荷物を預け空港2階にあるJALデスクで書類を受け取る。

「いらっしゃい、今年もお世話になります。」私を覚えていてくれたJALスタッフから思いがけない挨拶だった。
私は彼のことを覚えていないのだが、私を探してわざわざ挨拶に来てくれた。

IMG_3426BlogPaintIMG_3439
同じ飛行機で到着した客が集まったところでバスに乗り、コンベンションセンターに向かった。

バスの中ではホノルルに到着してからの流れをDVDで紹介していた。
IMG_3442IMG_3445IMG_3444
そしてコンベンションセンターに到着。
赤いTシャツを着たJALスタッフが出迎え、長いエスカレーターに乗ってJALデスクに向かった。
IMG_3447IMG_3451IMG_3454
先に到着していた 高梨 優(まさる)(仮名)が白戸さんの直前セミナーを受講していた。
「今まで十分準備をしてきたのだから、いまさらあわてても無駄です。」ということでした。

高梨氏は白戸さんが書いたトレーニングの本を持ち出し、よく書けていることに感動し、サインを求めた。
白戸さんは快くサインをした。
IMG_3456IMG_3459IMG_3465
用意された朝食を食べた後、私たちはゼッケンを受け取りに行く。

まだ到着した客は少なく空いていたので待たずに受けとれた。

道順として今年のホノルルマラソン記念グッズが販売されていたので物色した。

ナイキがスポンサーから降りて、注目するような品物も無かったが、例年通りポロシャツを1枚記念に買った。
IMG_3471IMG_3472IMG_3473

私たちは時差ぼけ対策としてホテルのチェックインの前に2時からのコース下見ツアーに例年参加する。
それまで約1時間の待ち時間があるので、ドンキーで買い物に行く者とマッサージに行く者に分かれた。
私はワイキキを見下ろせる最高のロケーションの部屋で約1時間ロミモミで至福の時間をすごした。
[PR]
by elfin05-2 | 2010-12-10 12:20 | 2010ホノルルマラソン
12月8日(水)3 コース下見ツアー
2時になり下見ツアーのバスに乗った。

例年はDVDが流れホノルルマラソンのコースの説明、心得、昨年のマラソンなどが紹介される。

昨年はDVDの調子が悪く急遽私がマイクを持ち案内をすることになった。
初めて参加する知人もいたので私が今まで経験したことやコースの攻略法などを紹介した。
詳しくは昨年のHPをご覧ください。

今年もDVDが流れるのかと思ったら、ずーとJALのスタッフがマイクを持ちガイドをしていた。
「ここはなになに通りです。ここを右折して次はしかじか通りです。」とかハワイの観光を説明していた。
ほとんどの人は時差ぼけで寝ていた。

ホテルのチェックインまでの時間いくところがないのでこのツアーに参加するのはとても有効な手段だと思うが、昨年私がマイクを持ったときは筆記具を持ちコースにメモを取る人が多かった。

やがてゴールのカピオラニ公園に到着。
ここから各ホテルに向かい解散となる。
私は昨年同様PK(プリンセスカイウラニ)の裏に位置する“ミラマー アット ワイキキ”に滞在する。

今日はこのまま休むことにした。
IMG_3478IMG_3486IMG_3488

IMG_3496IMG_3502IMG_3504

IMG_3506IMG_3507IMG_3509
[PR]
by elfin05-2 | 2010-12-10 12:19 | 2010ホノルルマラソン
12月9日(木) 買い物
ゴルフを予定していたが体調が思わしくないので買い物をすることにした。
IMG_3514IMG_3515IMG_3516
予報では今日から天気が悪くなるということだが、今のところ大丈夫だ。

ワイキキの少し外れたところにコストコがあるので行って見た。

すべてにおいて量が多く観光できた私には適量とはいえないサイズで売っていた。

しかし値段は安い。
円高(1ドル=83円)も手伝って大量のチョコレートとお菓子をお土産に買ってしまった。
また帰りの荷造りに苦労しそうだ。

昨年は2個のトランク来たが、一つのトランクに大量に押し込み、23Kg以上で重量オーバーとなり50ドルの超過料金を支払った苦い経験があったので、今年は少し考えて荷造りをしようと思う。
IMG_3536IMG_3538IMG_3539
コストコから戻るとゴルフに行っていた友人から連絡が入った。
「これからマッサージに行こう。予約して。」であった。

私はちょうどその近くにいたのでいってみたが、今日は一杯でマッサージが出来ないそうだ。
残念だがあきらめた。
IMG_3525IMG_3528IMG_3532
そしてワイキキをぶらぶら買い物に付き合った。

今年の公式Tシャツにはいいデザインがなかった。
歩いているとクレージーシャツでホノルルマラソンのTシャツが売っていた。
こちらのほうがデザインがいいので梨本優は大量に購入した。

彼は例年大量にマラソンTシャツを購入し、もらってもうれしくはないと思うがお土産にしている。
IMG_3548IMG_3549IMG_3550
夕方今まで恒例となっている“SMORGY”に行ってみるとキティとコラボした「マキティ・ハワイ」という食べ放題のお店になっていた。

刺身や寿司もあって和食も食べられるがマラソンの前にお腹を壊したくないので私は二の足を踏んだが、みんなが行こうというので行って見た。

意外と食べられるものが多く、種類も多かったので満足した。
[PR]
by elfin05-2 | 2010-12-10 12:18 | 2010ホノルルマラソン
12月10日(金)1 ノースショアー観光
予報どおり今日は雨になった。

昨年は安定して晴れていたので、今年2回目の友人は寒さに震えた。

ハワイは常夏の楽園というイメージがあるが、12月は雨季、ここ数年は雨に降られることが多い。

8年ぐらい前までは降ってもスコールで1日を通して太陽は顔を出していた。
しかし最近では雨はしっかりと降り、気温も低くなる。
なので簡単な雨具対策もしておいたほうが賢明だ。

今回はホクレア号に乗ってノースショアに行く。

ワイキキの反対側に位置するところで、冬は大きな波が来てサーファーにはあこがれの地だ。

私は以前行ってあまりたいしたところではない印象があったが、仲間がまだ行っていないので今回計画した。
IMG_3558IMG_3560IMG_3561
雨に降られ窓は曇り景色は何も見えないが高速道路を走り約90分ぐらいで到着。

田舎の町である。

ハワイに来てワイキキの都会に滞在しておきながら何もこんな田舎にくることもないのにこれも観光コースになっているので経験してみるが、あまり勧められたものではない。

IMG_3563IMG_3567IMG_3570
バスを降りるとき「この辺りは鉄分を含んだ土で覆われていて雨が降り、水溜りにはまりズボンを濡らすと赤くなって落ちないので気をつけるように。」と言われた。

ここは田舎、数件のお店が立ち並ぶが雨だったのでにぎやかさはほとんどない。

道路わきは砂利がしかれ舗装されていない。
水溜りがあちこちに見られる。
水溜りを避けて歩くが靴に染込んでくる。
IMG_3573IMG_3574IMG_3576
近くのコンビニに入る。
クーラーが効いていて寒い。
しばらく店内をのぞくがワイキキのほうが安い。
IMG_3580IMG_3584IMG_3588
体が冷えたのでハンバーグが有名なお店に行った。

ハンバーグが食べたかったわけではないが、ほかにお店が目に入らなかったので行ってみた。

日本人は観光案内で紹介された店はとりあえず行こうとする。
たとえそれが無意味でもとりあえず経験して共感を覚える。

大きなハンバーグに食らいつき悪戦苦闘して食べ終わる。
こんな食べにくいものを美味しいと感じる米人の気が知れない。
これは文化の違いか。
これも旅の面白さか。

ハンバーガーを食べ終わり、次に向かったのは“松本のアイスクリーム”店だ。
地図を見ながら探す。

IMG_3593IMG_3596IMG_3598
しばらく歩いて人が集まっている店を発見。

なんてことはないお店だったが、ここでカキ氷を出してマスコミが取り上げ、観光地となり、観光客が集まるだけのところだった。

何もこんな寒い日にカキ氷もないだろうが、でもせっかく来たのだからと食べる人が多い。

私たちは冷やかしにお店を見学し、カキ氷を食べ震えている日本人観光客を冷たい目で眺め、門前で写真を取ってバスに戻った。

日本にもたくさん美味しいものがあるのに、わざわざこんなところで大して美味しくもないカキ氷を寒い思いをして食べることもないだろうがと考えるのは歳を取った証拠か?
昔は私も同じようなことをしたから、今そう思うのだろう。

IMG_3617IMG_3619IMG_3620
そんなことを考えていたら次の目的地ノースショアーの海岸公園に到着。

この公園は湾になっているので波は押し寄せてこなかった。
遠くで波らしき影が雨と混ざってしぶきを上げている。
ここではノースショアに来た意味がまったくない。
波も見れず、寒い思いをした観光だった。
IMG_3630IMG_3634IMG_3640
次に向かったのは“ドールのパイナップル園”。
昔来たときは無料でジュースを振舞っていた気がしたが今はしっかりとビジネスをしている。
ハワイでは宅地化されてパイナップル園も減りこのドールが観光地として残っているのか?

私はパイナップルのぶつ切りの上にアイスを載せたスイーツを注文して食べた。

仲間を探していると同じようにアイスを持ったお年寄りが私に声を掛けてきた。
私はまったく存じ上げなかったので首をかしげていると、昨年コース下見ツアーバスに乗ったとき私のガイドに付き合ってくれた人だという。

今年もコンベンションで私の顔を見かけたので私がガイドするものだと楽しみにしていたが残念だった。
こっちに来て知った顔に出会えるのはうれしいものだと挨拶された。

手に持っていたアイスが溶けて流れそうだったので早く食べるように促し、私のことを覚えていてくれて声をかけてくれたことに感謝の意を表して別かれた。

私はうれしくてあとで仲間に話した。
もう15回ホノルルを走っているが、知り合いが増え仲間が増えることはとてもうれしいことである。
[PR]
by elfin05-2 | 2010-12-10 12:17 | 2010ホノルルマラソン
12月10日(金)2 マッサージ、 サンセットラン
そんなうれしい気持ちを胸に帰路ワイキキに向かう。

車中でマッサージの予約を入れるが4人は無理だといわれた。

みんなでいけないなら買い物に行こうと意見が分かれたが、私はもう買う物もないので結局私1人で行くことになった。
IMG_3663IMG_3666IMG_3668
近年私はマッサージにはまりホノルルでやることがなければマッサージに来ている。

ほとんど寝ていて夢の中にいるがこれがとても気持ちがいい。
日本のマッサージとは少し違う。
ロミモミはリラクゼーションである。
IMG_3690IMG_3692IMG_3693
マッサージが終わり時間を見るとまだサンセットランに間に合う時間だ。
昨日はうっかりして参加できなかった。

今日は雨でどうかと思ったが、今は降っていないので行われているかもしれないので行って見た。
IMG_3694IMG_3696IMG_3700スタッフの小南さんがいた。
もう出発していた。
反対周りで合流使用としたら先頭集団が走ってきた。
整理体操だけ参加した。
夕日は少しだけだが、サンセットランができた。
[PR]
by elfin05-2 | 2010-12-10 12:16 | 2010ホノルルマラソン
12月11日(土) 朝市、マッサージ
昨日とは打って変わって快晴になった。
IMG_3728IMG_3734IMG_3738
予報ではしばらく曇り空が続くようだったが、今日は天気に恵まれた。
IMG_3742IMG_3743IMG_3753
やっぱりハワイは晴天に限る。
青い空が目にしみた。
IMG_3755IMG_3759IMG_3760
「ダイアモンドヘッド」麓の短大「カピオラニ・コミュニティ・カレッジ」で開催される「朝市」に立ち寄った。
IMG_3771IMG_3774IMG_3780
ここは地元でも人気で、土曜日限定で“ダイアモンドヘッド・日の出ツアー&KCCの朝市”の観光ツアーが23ドルで遂行されているぐらいだ。
IMG_3781IMG_3802IMG_3805
カピオラニ公園で汗を流したランナーがトレーニングをかねてこちらまで足を伸ばしグルメ・プレートでお腹を満たしていた。
IMG_3809IMG_3811IMG_3812
午後は昨日いっぱいで行けなかったマッサージにみんなで行った。
私は今日で3回目である。
ワイキキを一望できる部屋でのマッサージはまさにリラクゼーションだ。

明日のマラソンの後もマッサージが出来るように予約をして帰った。
[PR]
by elfin05-2 | 2010-12-10 12:15 | 2010ホノルルマラソン
12月11日(土) ペースランナー打合せ、夕方
3時からペースランナーの壮行会がある。

コンベンションセンターからPK(プリンセス・カイウラニ)へのシャトルバスの運行はもう終わっていた。
歩いて向かうが少し遅れそうだ。
遅刻しそうなのでPKに走った。
汗だくで到着したが、もうみんな集まっていた。
IMG_3824IMG_3827IMG_3829
そしてPKのプールサイドのラウンジで壮行会が始まった。
白戸さんとJALスタッフの話があり、ペースランナーのシャツが配られた。
年を追うごとに大会からの規制が厳しくなり、ランニングウエアーにゼッケン以外のプレートを付けてはいけないことになったらしい。

今年のペース表示はシャツにプリントしてあった。
もしペースが保てなくなったらどうするか話し合った。
今まではプレートをはずせばよかったが、今回はシャツを裏返すことで話は決まった。
そういう事態にならないよう明日は頑張ろう。
IMG_3838IMG_3841IMG_3846
早めの夕食をとりにワイキキを歩いた。
こちらに着いて初めてのの夕日だ。

これからワイキキの海岸ではサンセットのショーが始まる。

カピオラニ公園に向かって歩きながら沈み行く太陽を追った。
IMG_3856IMG_3862IMG_3865
やしの木と太陽と影と空と織り成す景色はいわゆるハワイで、毎年この時間の写真を撮ることを楽しみにしている。
IMG_3876IMG_3886IMG_3895
やがて陽が沈みあたりは暗くなりビーチではフラショーが始まった。
フラショーと夕日と空と影と暗闇といわゆるこれがハワイなのだ。

明日はホノルルマラソン今日は早めに部屋に戻り明日に備えよう。
PKで朝食のお弁当とレインコートを受け取り、部屋に戻った。
[PR]
by elfin05-2 | 2010-12-10 12:14 | 2010ホノルルマラソン
12月12日(日) 2010年ホノルルマラソン1-スタートまで
2:30
PK(プリンセス・カイウラニ)に集合、昨日はほとんど眠れなかった。
寝過ごしてはいけないとうつうつしていたものの1時間位で眼が覚めてしまった。

日本を出るときから気持ちが高ぶらず、こちらに来てもほとんどマッサージと持ってきたビデオを夜遅くまで見て時間をすごし、いたって不健康な生活をしていた。

PKに行ってみるとまだ時間が早いのかランナーはそれほど列を成していなかった。

これから時間がたつにつれ増えてくるのだろう。
DSCF6003DSCF6004DSCF6005
一度忘れ物をとりに部屋に戻り再度PKにきたときちょうどスッタッフの小南さんがいたので一緒にバスに乗った。

ホノルルの12月は天気が読めない。
例年は肌寒いという印象が強いのだが、今日は寒さは感じない。
DSCF6006DSCF6008DSCF6011
バスはアラモアナショッピングセンターの駐車場に着いた。

まだあまり人は集まっていなかった。
風もなく星が見える。
すごし易い気候だ。

少しずつ人は集まり、場内が賑やかになってきた。

DSCF6017DSCF6029DSCF6030
白戸さんがタイムチップのつけ方を教えている。
舞台では写真撮影会が始まった。
DSCF6033DSCF6036DSCF6038
そんなコーナーはなかったのだが、自然発生的に始まった。
私たちペースランナーも参加した。
DSCF6042DSCF6043DSCF6046
そして約1000人のラジオ体操が始まった。
壮観である。
こんなに多くの人がひとつの目標に向かって行動しているのは感動ものである。

トイレに並んでいる人たちも体操を始めてた。

今日は暖かくなりそうだ、寒いより暖かいほうが体は動きやすいが、走り始めてどうか不安がよぎる。

DSCF6051DSCF6075DSCF6081
4:30
ペースランナーが紹介され、
各時間ごとにスタート地点に向かう。

6月にひざを故障し、7月、8月と走れず、9月から少しずつ走り、10月、と11月何とか月間100Kmを走り、横須賀シーサイドハーフマラソンを1時間57分、横浜マラソン10Kmを52分で走れたので、5時間でゴールできる体力はあるはずだ。

準備は整いスタートの時を待つだけとなった。

今回も高梨氏(仮名)と一緒に 5時間ペースランナーを務める。
彼は今年右足を骨折し手術をして足にチタンを埋めている。
ペースも自己中心的でイーブンペースで走らず先行逃げ切り型で、今までペースランナーとしてあまり当てになってない。
今回も不安だが彼と一緒に走ることになる。
[PR]
by elfin05-2 | 2010-12-10 12:13 | 2010ホノルルマラソン
12月12日(日) 2010ホノルルマラソン2 (5kmまで)
5:00
花火がいっせいに上がった。
DSCF6086DSCF6091DSCF6104
歓声が沸く。
少しずつ前進するが、スタートラインは100mぐらい先だ。
花火を見ながら立ち止まり、少しずつ進み又立ち止まる。
そんな風にスタートラインに近づいた。
「みなさん、行ってらしゃーい。頑張って~!」
妙に明るく若い女性の声で見送る。
スタート台にいるのは誰?
DSCF6113DSCF6118DSCF6122
やがてスタートラインを越え、暗い道が広がり、ホノルルマラソンがスタートした。

私たちは約7分の遅れだ。

7分/Kmのイーブンペースで走り、ダイヤモンドヘッドのくだりで少しペースを上げ、スタートロスを補い、ハーフで2時間29分を予定している。

ランナーは長い帯となり、暗く広い道路を走る。
人がつまり、走りにくいところもあるので彼とは前後しながら走った。

数人のアーミーが大きな荷物をしょって歩いている。
こんな大きな荷物をしょって完走できるのか?
今回はじめてみるランナーだ。

数人が私に付いて走っていた。
男の子(小学生高学年ぐらい)もいいリズムで走っている。
DSCF6126DSCF6132DSCF6134
カメハメハの像がある区役所どおり。
イルミネーションがきれいだ。

イルミネーションを見ながらしばらく走り、

DSCF6142DSCF6144DSCF6148
5Km地点で私はトイレに向かう。
このトイレはスタートしたランナーの最後尾が出た後のトイレなので空いている。
ほとんど待たずに利用できる。
この先は混んでいて時間のロスになる。
トイレを使いたい人を誘い橋を渡り用を済ませた。

彼はそのままのペースで走ってもらう。
[PR]
by elfin05-2 | 2010-12-10 12:12 | 2010ホノルルマラソン