10月19日(土) ロシア エカテリーナ宮殿観光
スライドショーでご覧ください

001005012
プーシキン10:45着《エカテリーナ宮殿観光》く約2時間〉
エカテリーナ宮殿とは、サンクトペテルブルク中心部から南東25kmの郊外の避暑地ツァールスコエ・セローに存在するロシア帝国時代のロココ建築の宮殿。

私たちが通過すると日本国歌を吹奏した。
中国人観光客が通過すると中国国歌を吹奏してチップを求めた。
017020026
宮殿の名前は、ピョートル大帝の后でもあった、第2代ロシア皇帝エカテリーナ1世(在位:1725年 - 1727年)に由来する。
エカテリーナがドイツの建築家Johann-Friedrich Braunsteinを雇って夏の避暑用の離宮として1717年に作らせたのが最初のもので、その後、第4代ロシア皇帝アンナ(在位:1730年 - 1740年)がロシア人建築家に命じ増築させた。
027033036
第6代ロシア皇帝となったエリザヴェータ(在位:1741年 - 1762年)は母のエカテリーナが建築させたものが時代遅れで不便であるとして抜本的に作り直すことを決定、壮麗・壮大なロココ調建築に入れ替えるよう、既に冬宮殿建設に関わっていた宮廷付き建築家バルトロメオ・ラストレッリに命じた。
052055068
建設は1752年5月から4年の歳月をついやし、1756年7月30日に全長325メートルの現行規模の宮殿が完成した。
109118138
とりわけ「琥珀の間」が有名である。
琥珀は、第二次世界大戦のレニングラード包囲戦中にドイツ軍に持ち去られたが、1979年から始まった復元作業により、2003年に完全に復元された。
140219221
1791年、日本人の漂流民大黒屋光太夫が帰国を願うため、エカテリーナ2世(在位:1762年 - 1796年)に謁見した場所としても知られる。

一般に夏の間過ごしたことから「夏の宮殿」とも呼ばれる。
[PR]
by elfin05-2 | 2015-09-20 15:48 | 201509ロシア
<< 10月19日(土) ロシア 朝... 10月19日(土) ロシア エ... >>