12月12日(日) 2010ホノルルマラソン9(40kmまで)
DSCF6281DSCF6282DSCF6284
35km地点はカハラ地区である。

PGA「ソニーオープン」の開催地として広く知られている「ワイアラエ カントリークラブ」があるところだ。

走っていれば見れないゴルフコースを金網越しに覗き込んだ。
DSCF6285DSCF6286DSCF6287
高速道路を降りたところではいろいろなマラソンツアーの応援でにぎやかだった。

ここからはオアフ島有数の高級住宅地で100万ドル級の大邸宅が建ち並び、普段はひっそりと静まり返っている。
DSCF6288DSCF6289DSCF6290
30km~35kmを1時間10分掛けて何とか歩いてきた。

少しずつ体調が戻ってきたみたいだ。
食欲がわいて、ポシェットに入っていたチョコバーを口に頬張った。

新郎新婦が走っていった。
DSCF6291DSCF6292DSCF6293
残り7Kmを何時間かかるかわからないが、確実にゴールに向かっている。

足が痛くて倒れた仲間を気遣うサンタさん。
水をまいて体を冷やしてくれるボランティア。
ゴールに向かうランナーの列は長く続く。
DSCF6294DSCF6295DSCF6296
前を向いて走っていれば見れなかった高級な邸宅を見学しながら、素敵なお庭を眺めながら、高級な人が応援する様を楽しみながら走った。

DSCF6297DSCF6298DSCF6299
ランドセルを背負ったコスプレの女の子2人が追い越していく。

この時間帯は5時間後半から6時間にゴールするランナーたちだ。
ここに至るまでの過程がそれぞれ違い、それぞれの結果の状態で走っている。
私は5時間を目指し、走れなくなって何とか歩いてゴールをしようとしている。
はじめから6時間を目指して走っている人は元気に歩いている。
その違いは歴然で歩くスピードと力強さが違う。

着物のグループが走っていった。
DSCF6300DSCF6301DSCF6302
ウエディングドレスで走っているランナーがいた。
タイガーマスクもいた。

どうしても「6時間で帰るんだ」と話していたグループが私を追い越していく。
「まだ1時間あるから大丈夫ですよ。」
と私は応えた。

DSCF6303DSCF6304DSCF6307
という私は彼らを追いかけようとしても追いつけなかった。

体調不良かペースが悪かったのか走れなくなった今の私には追いかける気力さえも残っていなかった。

これでは何時にゴールできるか検討が着かない。
私も何とか6時間ではゴールしたい。
そんな気になってきた。

DSCF6308DSCF6309DSCF6310
取材のジープとランナーが私を追い越していった。
何を取材しているのだろう?
今の私にはあのジープを追いかける気力もない。

6時間を目指しているのか6~7人のグループが声を掛けながら走っていった。

DSCF6311DSCF6312DSCF6313
ダイヤモンドヘッドに差し掛かり、上り坂が続く。
今の私には心が折れる大きな坂だ。

JALパックの応援団が元気に応援していた。
長い間ご苦労ざま。
ありがとうございます。
DSCF6314DSCF6315DSCF6316
今の私は無印なので誰も応援してくれませんが、感謝してます。

坂を上り給水所で水を口に含む。
お腹が張り飲み込めないが口を漱ぎ渇きを癒す。

DSCF6317DSCF6318DSCF6319
もうすぐ坂を上りきる。
仲間をかばいながら走るランナー。
坂の上では日本の太鼓が応援していた。
力強く心に響く和太鼓だ。
DSCF6320DSCF6321DSCF6322
遠くに取材のジープが見えた。
もうすぐ40km。
良くここまで来た。

最後にあのジープを追いかけてよう。
DSCF6323DSCF6324DSCF6325
そして40Km地点。
5時間48分48秒。
[PR]
by elfin05-2 | 2010-12-10 12:05 | 2010ホノルルマラソン
<< 12月12日(日) 2010ホ... 12月12日(日) 2010ホ... >>