12月12日(日) 2010ホノルルマラソン2 (5kmまで)
5:00
花火がいっせいに上がった。
DSCF6086DSCF6091DSCF6104
歓声が沸く。
少しずつ前進するが、スタートラインは100mぐらい先だ。
花火を見ながら立ち止まり、少しずつ進み又立ち止まる。
そんな風にスタートラインに近づいた。
「みなさん、行ってらしゃーい。頑張って~!」
妙に明るく若い女性の声で見送る。
スタート台にいるのは誰?
DSCF6113DSCF6118DSCF6122
やがてスタートラインを越え、暗い道が広がり、ホノルルマラソンがスタートした。

私たちは約7分の遅れだ。

7分/Kmのイーブンペースで走り、ダイヤモンドヘッドのくだりで少しペースを上げ、スタートロスを補い、ハーフで2時間29分を予定している。

ランナーは長い帯となり、暗く広い道路を走る。
人がつまり、走りにくいところもあるので彼とは前後しながら走った。

数人のアーミーが大きな荷物をしょって歩いている。
こんな大きな荷物をしょって完走できるのか?
今回はじめてみるランナーだ。

数人が私に付いて走っていた。
男の子(小学生高学年ぐらい)もいいリズムで走っている。
DSCF6126DSCF6132DSCF6134
カメハメハの像がある区役所どおり。
イルミネーションがきれいだ。

イルミネーションを見ながらしばらく走り、

DSCF6142DSCF6144DSCF6148
5Km地点で私はトイレに向かう。
このトイレはスタートしたランナーの最後尾が出た後のトイレなので空いている。
ほとんど待たずに利用できる。
この先は混んでいて時間のロスになる。
トイレを使いたい人を誘い橋を渡り用を済ませた。

彼はそのままのペースで走ってもらう。
[PR]
by elfin05-2 | 2010-12-10 12:12 | 2010ホノルルマラソン
<< 12月12日(日) 2010年... 12月12日(日) 2010ホ... >>